宮崎のゼフィルス

宮崎のゼフィルス

  •  

    ウラゴマダラシジミ

    Artopoetes pryeri

    絶滅危惧IA類(CR-r)

  •  

    ウラキンシジミ

    Ussuriana stygiana

    準絶滅危惧(NT-g)

  •  

    オナガシジミ

    Araragi enthea

    絶滅危惧IB類(EN-r)

  •  

    ミズイロオナガシジミ

    Antigius attilia

  •  

    アカシジミ

    Japonica lueta

  •  

    ウラクロシジミ

    Iratsume orsedice

    準絶滅危惧(NT-r)

  •  

    ヒサマツミドリシジミ

    Chrysozephyrus
    hisamatsusanus

    絶滅危惧Ⅱ類(VU-r)

  •  

    メスアカミドリシジミ

    Chrysozephyrus
    smaragdinus

    準絶滅危惧(NT-g)

  •  

    アイノミドリシジミ

    Chrysozephyrus
    brillantinus

    準絶滅危惧(NT-g)

  •  

    キリシマミドリシジミ

    Chrysozephyrus ataxus

    準絶滅危惧(NT-g)

  •  

    ウラジロミドリシジミ

    Favonius saphirinus

    準絶滅危惧(NT-g)

  •  

    クロミドリシジミ

    Favonius yuasai

    絶滅危惧Ⅱ類(VU-r)

  •  

    オオミドリシジミ

    Favonius orientalis

    準絶滅危惧(NT-g)

  •  

    エゾミドリシジミ

    Favonius jezoensis

    準絶滅危惧(NT-g)

  •  

    フジミドリシジミ

    Sibataniozephyrus
    fujisanus

    準絶滅危惧(NT-g)

日本産ゼフィルス25種の内、宮崎県内には15種が生息している。宮崎には生息していないが、 大分県、熊本県、鹿児島県には生息しているものを含めると19種となる。ゼフィルスはブナ科の 樹木を食樹としているものが多く、全国各地で杉の椊林による伐採圧力を受け、減少してきた。 ブナ科の常緑樹であるアカガシやイチイガシを食樹とするキリシマミドリシジミとヒサマツミドリ シジミはかっては宮崎県内の山間部に多数生息していたと考えられるが、現在では自然林の伐採に よりその生息域は非常に狭くなっている。それ以外の宮崎のゼフィルスは全て落葉樹を食樹として いるが、いずれも九州山地高山帯の自然林伐採により、その数は減少しつつある。宮崎県内に生息 するゼフィルスの殆どがが「宮崎県版レッドデータブック《では「絶滅危惧《 あるいは「準絶滅危惧《に指定されている。

宮崎県周辺のゼフィルス

  •  

    ウスイロオナガシジミ

    Antigius butleri

  •  

    ウラミスジシジミ

    Wagimo signatus

  •  

    ミドリシジミ

    Nepzephyrus japonicus

  •  

    ハヤシミドリシジミ

    Favonius ultramarinus

九州では見られないゼフィルス

  •  

    チョウセンアカシジミ

    Coreana raphaelis

  •  

    ムモンアカシジミ

    Shirozua jonasi

  •  

    カシワアカシジミ

    Japonica onoi

  •  

    ウラナミアカシジミ

    Japonica saepestriata

  •  

    ジョウザンミドリシジミ

    Favonius taxila

  •  

    ヒロオビミドリシジミ

    Favonius cognatus

宮崎の昆虫トップページ