button1 button2 button3 button4 button5 button6

ヤマキマダラヒカゲ(Neope niphonica)



宮崎県にはヤマキマダラヒカゲとサトキマダラヒカゲの両種が生息している。春、九州山



地で早く見られる物はヤマキマダラヒカゲの可能性が大きい。サトキマダラヒカゲに似て



いるので、よほど詳しい知識を持っていないと両種の区別は難しい。羽裏の3つの斑紋が



一直線になっていない、眼状紋が楕円で大きく黄色の輪が薄い、後翅裏面の黒化がこげ茶



っぽく外縁のみが黒いという感じがしない、などで区別できる。           




 
宮崎の昆虫トップページ